お知らせ:Zoomでのレッスンができるようになりましたレッスン8:日本語の背景にある文化

2021年11月26日

余談:資格取得がゴール?

22254773_m

 オーダーレッスンの、
「日本語教育能力検定試験 を独学で受験した方、勉強方法、スケジュールについて教えて。420時間 はフルタイムなので難しい」という文言が気になる。私もフルだけど、毎朝4時起床して半年で修了させた。仮に検定受験でも同じ姿勢だったろう。そもそも、メシが食えるならどっちだろうと良かった。
 合格率1割程度の検定合格は、確かに凄いことだと思う。しかし、420時間 だって決して楽な方法ではない。むしろ、いくらでも理由をつけて先延ばしできる分、人によっては、申請期間や試験日が厳密に決まっている検定より難しいと感じる気さえする。共通してるのは、どっちも単なるスタートにすぎないってことだ。普通自動車免許取得の際、いわゆる一発免許か?それとも教習所に通うか?これらと、事情なんてそう変わらない。

 オンラインであれ、外国人に日本語を教え、ささやかながら報酬も得ている。もちろん、これがゴールだなんて微塵にも思わない。コロナ禍でなければ、さっさと海外移住していたはずだ。早くこれを専業にするという、ごくシンプルな目標しか持ってないし、そのためにしか動くつもりもない。(たとえ他業種であれ)社会経験が少しでもあれば、資格取得がゴールだなんて夢にも思わないはずなのだが…。

 明日は10:00から60分の予定で、また台湾の方に日本語を教える。来週火曜日は韓国のリピーターの方と、また60分のレッスンだ。毎回悩むし、準備も大変。緊張だってする。でも、誠実に向かい合って結果さえ出せば、それでお金がもらえて満足までしてもらえるのだから、ええかっこなんかしてどないするねん?と、私は思う。確かに滑稽で泥臭く、不器用に見えても仕方ないが、本人は画面の向こうの生徒さんと、自分の目標のため、無我夢中でやってるだけなのである。

asyop at 17:36│日本語教育 | 閑話休題
お知らせ:Zoomでのレッスンができるようになりましたレッスン8:日本語の背景にある文化